単位/用語集 - タンク 法規関連 - 労働安全衛生法

第二種圧力容器

ゲージ圧力0.2MPa以上の気体を内部に保有する容器で、内容積が40L以上のもの、または胴の内径が200mm以上かつ長さ1000mm以上のものが適用となる。
タンクを製造する場合は、国の認定委託機関であるボイラー協会かボイラークレーン安全協会のいずれかに申請して、製作後に協会の検査員の検査を受け認定を取得する。

 
図面D
L

お気軽相談