バルブシステム


  • V10バルブシリーズ(ポペット弁)

    上部シールにPTFE製ダイヤフラムを使用しているので、ドライブボディへの材料の回り込みがありません。

  • V110バルブシリーズ(ニードル弁)

    水程度の低粘度材料から高粘度材料までの吐出に対応します。

  • V120/V130バルブシリーズ(空圧式ダイヤフラム弁)

    材料流路の途中にあるダイヤフラムによって流路を開閉することにより、材料の吐出を調整します。

  • V351バルブシリーズ(空圧式ダイヤフラム弁)

    ニードル弁で材料アウトポート近くをシールしているため液溜まりが少なく、液切れが良好です。

  • V730-SFUHバルブシリーズ(空圧式ダイヤフラム弁)

    液材がスムーズに流れる設計で、気泡の混入を軽減することが可能です。特に光学系ワークなど気泡を気にされるワークに最適です。

  • V40/V50バルブシリーズ(電磁作動式ダイヤフラム弁)

    フッ素樹脂製電磁式バルブで溶剤などの低粘度材料を微少量から吐出できます。

  • V140/V141バルブシリーズ(スプール弁)

    接液部がフッ素樹脂ですので、溶剤及び溶剤系材料に使用できます。

  • V30/V31バルブシリーズ(ピンチ式)

    液送チューブをつぶすことにより、材料のON/OFFを行いますので、バルブ本体には材料が触れないため、洗浄の必要がありません。

  • V300バルブシリーズ(大型ピンチ式)

    チューブを挟んで流体の流れを止めたり流したりするため、バルブに材料が入らないので洗浄する必要がありません。

 
図面D
L

お気軽相談