製薬・食品向けタンク


常に衛生的な状態を保てることを重要視したタンクです

製薬・食品向けタンク


特長
  • ・ 医療用や食品用などに使用する際に、衛生的な状態(サニタリー性)を保てることに重点をおいたタンクです。 CIP(Cleaning in Place:定置洗浄)や、SIP(Sterilizing in Place:定置殺菌)を求められるお客様に対して、弊社では設計段階から構造、加工方法なども考慮して製作しています。
  • ・ 容  量:1500L程度まで可能。それ以上のサイズをご希望の場合はご相談ください。
  • ・ 使用圧力:1MPa未満 ただし、タンクの大きさ(40L以上)や温度(タンク内に沸点を超える液体を有する場合)によって、使用圧力が変わります。詳しくはご相談ください。
  • ・ 溶接ビートをカットしたうえ、#400バフ研磨仕上げをしています。#600バフ研磨も可能です。
  • ・ 接続にフェルールクランプを使用しており、洗浄性に優れています。またオートクレーブにも対応可能です。
横にスライドしてください。横にスライドしてご覧ください
レベルセンサー
タンク内の残量を検知し信号を発信します。接液部は全てPFAチューブに完全に覆われていますので、接合部の液残りや合わせ溝への異物の詰まりがありません。
サニタリー圧力計
タンクの取付けがフェルールクランプ式のため、脱着やメンテナンスが容易です。また、オートクレーブに直接入れられるタイプもあります。
表面処理:フッ素樹脂コーティング
耐薬品性なので、ステンレスでは対応できない材料を使用する場合に有効です。また、材料が付着しにくく、洗浄が容易になります。
タンク底バルブ
タンク底面に形状に合ったバルブをセットすることで、タンク内に材料が残ることを防ぎます。

ご希望に合わせて
タンクをカスタムできます!

お客様にいただくご要望に全く同じ条件のものは少なく、毎回お客様ごとに提案・カスタマイズをしております。
アイデアレベルでも構いません。お客様のやりたいことが実現できるかどうか、まずはお気軽にご相談ください。

お気軽相談フォーム
 
図面D
L

お気軽相談