How Stainlesstank is Made

タンクができるまで

シャーリング
01

シャーリング

板状のステンレス材を加工します。定尺板を指定した寸法に切断します。

ロール加工
02

ロール加工

切断した板をロール機で丸め、タンク胴体部を製作します。真円を正確に出せるウレタンロール機を使用しています。

胴体部溶接
03

胴体部溶接

直線自動溶接機でロール加工した胴体部を繋ぎます。 プラズマ溶接機を使用しているため母材に溶け込みやすいのが特長です。

潰し加工
04

潰し加工

直線潰しロール機で胴体の溶接部を潰し、溶接ビードを滑らかにします。

溶接
05

溶接

胴体部と鏡部を溶接します。アルゴン溶接など、ステンレス同士を溶かして繋いだ後、図面を基に寸法検査を行います。

バフ研磨
06

バフ研磨

溶接した部分の溶接ビードをカットし、#400バフ研磨処理を行います。

表面検査
07

表面検査

研磨処理が完了したタンクの内外面の傷、艶など表面(外観)を検査します。

溶接焼けを取り除く
08

溶接焼けを取り除く

研磨では取りきれない箇所の溶接焼けをスケーラで取り除きます。

洗浄・拭き上げ
09

洗浄・拭き上げ

研磨によるバフ粉などを洗浄します。洗浄後、アルコールでタンク全面を拭き上げます。

レーザー印字
10

レーザー印字

ご要望によりレーザーマーカーでの印字も承っております。 QRコード、カナ・漢字・英字など各種フォントでの印字が可能です。

組み込み・寸法検査・圧力検査
11

組み込み・寸法検査・圧力検査

ドレンポートや液面計など継手類を組み込みます。 組み込み後、図面を基に寸法検査を行います。 さらに溶接部や組み込み部からのリークが無い事を確認するため、タンクに設計圧力をかけて圧力検査を行います。

最終検査・梱包
12

最終検査・梱包

図面通りにタンクができあがっているか最終検査を行います。 梱包は、配送時の障害を防ぐための配慮をしています。

印字サンプル

印字サンプル1
印字サンプル2
印字サンプル3
 
図面D
L

お気軽相談