チューブヒータ


加温したタンク内の液体を圧送する際に使用する配管用ヒーターです。

チューブヒータ


特長
  • ・ タンクで温調した液体をバルブまで圧送する場合、さらに中間チューブを保温する事で一定温度での吐出が可能になります。
  • ・ 圧送用チューブは外径Φ6・Φ8・Φ10・Φ12の4種類のPFA チューブを使用できます。


製品説明

チューブを保温するためのヒータです。チューブを直接保温して材料の粘度を一定に保ちます。温度コントローラDT1000とセットで使用します。
※本チューブヒータの用途は保温用で加熱用ではありません。

横にスライドしてください。横にスライドしてご覧ください
電源 AC100V、約100W
電気容量 約110W(±10%)
使用温度 40℃保温(MAX60℃)
使用圧力 MAX0.5MPa
温度センサ 測温抵抗体PT-100Ω
リード線長 2m
*ヒータ長は最長2mです。(これ以上の長さをご希望の場合はご相談下さい。)
*チューブ径の最大はΦ12です。(これ以上の太さのチューブをご希望の場合はご相談下さい。)

よく一緒に購入されている製品

ご希望に合わせて
タンクをカスタムできます!

標準タンクやオプションの追加では要求を満たすことができない場合は、
タンクのカスタムオーダーで対応しております。ご希望の仕様に合わせて一から設計・製作いたします。

カスタムページへ
 
図面D
L

お気軽相談