ハイバーポンプ
3つの選定ポイント

ハイバーポンプは、「吐出量」「液体の粘度」「駆動方式」の3つの選定ポイントがあります。
この中からお客様の環境にあったものを選択していただき、
ハイバーポンプの種類を選定していただきます。

ユニコントロールズのハイバーポンプはあらゆるニーズにも対応可能です。

例えば…

  • 粘度(100mPa.s(cps))の液体を、く(150cc)吐出したい。
  • 吐出を細かく制御したいが、専用のソフトで簡単に設定したい。

このようなニーズには、
以下のハイバーポンプが最適です。

Hシリーズ CVタイプ
ロボシリンダー
モーター駆動

吐出量多

低粘度

モーター駆動

Hシリーズ CVタイプ モーター駆動

3~2,000cc程度で、1~5,000cp程度の多量吐出に適しています。ハイパーポンプとモーター及び、コントローラ(ドライバ)をセットにした製品です。

【対応機種】

型式 最大吐出量
4H1-C-10DD ・・ ~9.7cc
4H1-C-33DD ・・ ~33.4cc
4H1-C-58DD ・・ ~57.2cc
4H2-C-19DD ・・ ~19.4cc
4H2-C-67DD ・・ ~66.9cc
4H2-C-116DD ・・ ~114.4cc
4H3-C-29DD ・・ ~29.1cc
型式 最大吐出量
4H3-C-101DD ・・ ~100.0cc
4H3-C-174DD ・・ ~171.6cc
4H4.5-C-260DD ・・ ~261.5cc
5H3-C-290HD ・・ ~291.8cc
5H3-C-500HD ・・ ~542.6cc
5H3-C-1000HD ・・ ~1013.6cc
5H6-C-2000HD ・・ ~2027cc

使用用途に応じて、3つ選定ポイントから最適なものをご提案いたします!

1. 吐出量

吐出量はBシリーズ(少量タイプ)とHシリーズ(大容量タイプ)の2種類があります。

最大吐出量 ~20cc ~2,000cc
適用タイプ Bシリーズ(吐出量 Hシリーズ(吐出量
横にスライドしてください。横にスライドしてご覧ください

2. 液体の粘度

吐出する液体の粘度に対応したバルブ形式を選定します。

粘度範囲 1~5,000mPa.s(CPS) 5,000~50,000mPa.s(CPS)
バルブ形式 CV<チェックバルブ>(粘度) RV<ロータリーバルブ>(粘度)
横にスライドしてください。横にスライドしてご覧ください

ハイパーポンプの構造原理(CV/RV)について

詳しく見る

3. 駆動方式

使用環境や用途にあった駆動方式を選定します。

Air drive<エア駆動タイプ>エア駆動タイプ

防爆環境や生産ラインなどでの使用に適した標準仕様のハイバーポンプです。

Morter drive<モーター駆動>モーター駆動タイプ

ハイバーポンプとモーター及び、コントローラ(ドライバ)をパッケージ化。パソコンや外部制御機器で吐出量・吐出速度が簡単に設定できます。

Motor drive<サーボモーター駆動タイプ>サーボモーター駆動タイプ

お客様独自でご選定されたサーボモーターに合わせて駆動部を設計し、取り付くようにして納品します。装置全体をコーディネートする装置メーカー様に最適です。

ハイパーポンプの駆動種類と特徴

詳しく見る

お気軽相談

仕様は決まっていないが、「こんなことできますか?」というご相談のある方は、お気軽相談よりお問い合わせください。

お気軽相談

見積り依頼

機能やご利用場面など仕様がある程度固まっている方は、
見積り依頼よりお問い合わせください。

見積り依頼

 
図面DL

お気軽相談