蓋覗き窓


タンク内の残量確認が容易にできます。

蓋覗き窓
蓋覗き窓 蓋覗き窓


特長
  • ・ 蓋に取り付けてタンク内部を確認するための窓です。
  • ・ タンクの形状によっては本体の上部に取り付ける場合もあります。


製品説明

※本タイプの覗き窓は、二種圧力容器、小型圧力容器には使用できません。

■USKシリーズ
蓋に直接ねじ込むタイプです。(蓋にタップ加工またはソケットを溶接し、覗き窓をねじ込んで使用)
ガラスと金属環が直接溶着しており、接着剤は使用していません。
ガラスと金属が一体となっているため、ガラス製品としてはかなりの強度があります。

■USOシリーズ
蓋に直接溶接しクランプで取り付けるため、ガラスを交換することができます。
溶接タイプのため、ソケット溶接の必要がありません。
2点締め付けのクランプタイプですので、分解が容易にできます。
可視部がΦ26~110までとサイズが豊富です。

横にスライドしてください。横にスライドしてご覧ください
■USKシリーズ(ねじ込みタイプ)

USKG-1Q
USKR-1Q
USKX-1Q
USKG-2
USKR-2
USKX-2
USKG-3

USKR-3

USKG-4 USKR-4
材  質 SUS304 SUS316
最高使用圧力(MPa)※ 1.96 1.96 1.76 2.94 1.76 2.94
最高使用温度(℃)※ 230 180 100 100 80 80
可視部径mm 25 40 70 66 90 86

※使用圧力が1Qは1.2MPa、他は1.0MPaより高くなると最高使用温度は低下します。
※材質SUS304は、オプションでSUS316に変更できます。

■USOシリーズ(溶接タイプ)

USO
1.5S
USO
2.0S
USO
2.5S
USO
3.0S
USO
3.5S
USO
4.0S
USO
4.5S
USO
5.5S
USO
6.5S
材質 ノズル SUS316L
ホルダーリング SUS304
最高使用圧力
(MPa)
強化ガラス 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 0.8 0.6 0.9
低膨張ほうけい酸塩
強化ガラス
1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 0.8 0.6 0.5 0.7
ガラス材の最高使用温度 強化ガラス:80℃
低膨張ほうけい酸塩強化ガラス:260℃ ※1
シール材の最高使用温度 PTFE:90℃※2、シリコン:100℃、EPDM:140℃、フッ素ゴム(標準):140℃、カルレッツ®:150℃
可視部径mm 26 26 36 56 56 70 80 90 110

※1 シール材の最高使用温度が覗き窓としての最高使用温度になります。
※2 ただし、使用可能温度差:70℃以内
※カルレッツ®は、米国デュポン社、デュポン(株)または関連会社の商標または登録商標です。

よく一緒に購入されている製品

ご希望に合わせて
タンクをカスタムできます!

標準タンクやオプションの追加では要求を満たすことができない場合は、
タンクのカスタムオーダーで対応しております。ご希望の仕様に合わせて一から設計・製作いたします。

カスタムページへ
 
図面D
L

お気軽相談